めいしょうみせってい

コンビニのアルバイトを2日でバックレた話

20歳の公務員試験浪人時代、「公務員試験の面接でいつも落ちるから、コミュ力を鍛えるためにコンビニバイトをしよう!」と決意しその辺のコンビニに面接しに行き、採用された。今となっては考えられない。無謀すぎる。なんでコンビニバイトなんて選んだんだ。当時の頭の中を覗いてみたい。しかも楽と言われている夜勤ではなく夕方。

 

1日目は店長に研修ビデオを観させられ、ロッカーの説明をされてその日は終了。

1日目の時点でどうもこの店長はなんとなく合わなそうだな~と思ってた。50代くらいの男性。

 

2日目はコンビニの制服着てまずはお金?を事務所の中で数えた。お金の札束を素早く数える方法がわからなかったので店長から教わった。あのパパっとやる方法。「簡単だよほれ、こう」「すぐできるだろこんなの」とか淡々と、やや怒り気味で指導された。

あのさ~~~やめてくれるそういうの。ほんと不快。俺は男だけど心はガラスなの。乙女なの。女の子に教える感じで優しく教えてくれや。この時点でもう「あ~もう無理だコンビニは」ってなった。

その後はレジに出て、おばさんパートの手伝いをした。客がもってきた商品をおばさんがバーコード通して、俺がバーコード通した商品をレジ袋に入れる。この商品をレジ袋に入れるのにすごい時間かかってしまって、客に「もっとテキパキやれよテキパキと」と言われたり、「もういいよ俺がやる」と言われ客自らが素早く入れてしまったりした。

極めつけに、フ〇ミチキとかああいう揚げ物系を頼まれたとき、揚げ物を袋に入れるのにものすごい手間取ってしまった。袋が狭すぎる。手に当たりまくる。これ食べた人ごめんなさい。そしてやっと入れて渡したら「ソース(たぶん)は?」と言われ、そういえばソースも頼んでたな、んでソースどこよ?とレジの裏をガサゴソもたもたしてたら、

「もういいよいらない」と言われ俺を睨みながら舌打ちしてトコトコ去っていった。

これで完全ノックアウト。そのとき辞めることを決意しました。

初めてで不器用だから商品をレジ袋に上手く入れられなかったり、揚げ物を袋に上手く入れられなくて当然なのか?練習すればできるようになるのか?2日で辞めたからわからないが、それに加えてレジもやってたばこや各種支払い方法も覚えなくちゃいけなくて、全部一人でやらなくちゃいけなくて、コンビニって誰でもできる仕事ではないと思うんですけど。

 

その後は店長がレジやる隣で来店する客に「いらっしゃいませ」と言う練習をした。

もう無理。大きな声を出すのに抵抗はないけど、何度も「客」に向かっていらっしゃいませを言うのが無理。いらっしゃいませと言うことで俺の存在をアピールしてしまうのが嫌だし恥ずかしいし私いじけちゃうし。

そのときも店長に「もっと声出せ」とか「客の方向いて言え」とか言われて委縮してしまった。もう脳みその稼働率30%。

 

それでも時間は進むわけでなんとか解放され、家に帰ってすぐに辞める旨の電話をした。

「すみません、辞めたいんですが・・・」

「〇〇くん、3日頑張ろうよ。だから後1日やってみよう。」

「え・・でも・・・はぁ・・・わかりました・・・」

「待ってますよ」

ガチャ

短くするとこんな感じ。

辞めるということを電話で伝えたし、「わかりました」って言っちゃったけど、もういいやろ。明日は行きませーーーーーーーーーーんwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwうはwwwwwwwwwwおkwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

ということで次の日は行かずバックレました。C級バックラー爆誕

「入って数日、もしくは1,2週間で消える。職場への被害は極僅かだが、

バックラー本人の貴重な時間を無駄にすることなく、ストレスも最小限で

抑えられるため将来性バツグン。」

 

これ以来、コンビニのアルバイトしてる人は尊敬するようにしている。お釣りを受け取るときも頭毎回下げるようになった。

あと、短い時間に複数のことをやることが苦手なことも分かった。マジでスゲーよコンビニで働けてる人。